より良い英文を作成するために必要な方法が得られる情報サイト

英文の修正を業者に任せるメリット

英文修正サービスの活用

英文の修正を業者に任せるメリットの一つとして、自分が把握しきれていないネイティブ(ここでは、英語を母国語とする人)的な思考や言い回しなどが含まれた英文を作成できることが挙げられます。

英文の修正作業では、主に校正や校閲が行われます。
校正とは、英単語の誤りや脱字など文字の誤りを正す作業のことです。
校閲とは、英文を読みながら、内容の正誤や適否を確認する作業のことです。
もちろん、本人もこの作業をすることがありますが、自分に都合のよい作業に終始してしまう可能性があります。
これが原因で、伝えたい意図が伝わらずに読み手をミスリードしてしまい、トラブルなどの問題発生を引き起こしかねません。
その防止を担保する意味では第三者に依頼したほうが、より英文の精度が高まるのは明らかです。
そういう意味では、修正作業は英文のブラッシュアップともいえます。
この作業を効果的なものにするためには、第三者、それも英語関連の専門業者を利用するのがベストだといえます。

ひとえに英文を作成するといっても、日記などの内々の内容で分量の少ないものから、学術論文など外部に発信するもので分量が多いものまで、多種多様です。
内々で作成・使用し、重要性が乏しいものであったり、分量が少ないのであれば、自力で、あるいは無料ツール・アプリを活用することでも十分対応できるでしょう。
他方、外部に発信するもので、誤りが許されない場合やある程度の分量があるのであれば、第三者の専門業者が相応の修正作業を適切に行うことでネイティブ表現を伴った英文に仕上げられるでしょう。
このように、英文の作成目的が第三者の目を活用するか否かを判断する材料の一つとなりそうです。

このサイトでは、作成した英文の修正作業を専門業者に依頼しようとお考えの方々に、その必要性を、書き手のスペック上の問題や読み手が求める意図を考慮する観点から整理しましたので、ぜひご参考にしてください。

おすすめリンク

初心者から初める英文校正

趣味の一環や仕事で利用するまで幅広く使える英文校正!1往復での金額だからリーズナブル

正しい意図を伝えるための手段として

英文の修正を外部の専門業者などに依頼するのは、それなりの理由があります。 相当な英文作成能力をお持ちの方でも、受け手がネイティブあるいは専門性が高いレベルであれば、第三者、できればその内容に係る分野の専門家のチェックがあれば心強いことでしょう。 依頼した時の英文修正サービスの流れを見てみましょう。

日本人が英文作成能力に恵まれているとはいえない

英語を第二外国語として習得することが多い日本人にとって、長文レベルの作成となると、かなり難儀と感じられることが多いのではないでしょうか。 完成できたとしても、自己流が仇となって、伝えたいことが伝わらなかったのでは水の泡です。 自己流を補う意味での専門業者の活用について、整理しましたので、ご覧ください。

英語論文の投稿には色々なルールの壁がある

英文の作成者が留意しなければならない一つに、それを読む立場の視点が挙げられます。 受け手にどのように伝わるか、あるいは伝えたいのかをイメージしながら、執筆することが重要です。 専門業者が取り扱う投稿先別に対応した英語論文の修正サービスなどについて取り上げましたので、ご参考ください。